HOME > 包括的歯科診療システム > デンタルドッグ

テキストサイズ 小 |中 |大 |

お口の検査とグッドスマイルのデンタルドッグとのちがいは?

これまでの対処療法(歯の修復・修理)と異なり、ホリスティック・デンティストリー(全人的歯科医療)を目的としたデンタルドックからスタートします。
検査の目的は健康の悪化に関係のあるすべての因子を見つけ、口腔の健康を悪化させる因子を除去する最良の方法を決定することです。
しかし、検査を行う中で悪いところだけを見つけることが重要ではありません。このデンタルドックではお口の状態を客観的に本人に知って頂くことが最も重要なのです。



細心のカウンセリング(相談)は
完全データをベースに

生涯にわたっての健康を創り、育て、守るための長期計画は、“デンタルドック”のデータをべ一スとして、私たちが患者と協同で立てることになります。
これは歯科医やスタッフが、患者のグッド・パートナーとなるための1つの大切な条件なのです。

なぜなら、この“カウンセリング”こそ、患者の考えや立場を重視した“相談"で、GOOD-SMILEシステムの実質的なカナメとなって、以降の健康治療やメンテナンスはもとより、ゆるぎない信頼関係による生涯のお付き合いの基を築くことになるのです。

そのために、私たちはこの出会いを患者と歯科医師の立場をこえた、「人と人との心の出会い」と考え、 なによりも大切にしてまいります。

健康なお口を手に入れるためには、まず現在の自分の状態を詳しく知ること大切です。
お口の完全な検査を、ちょうど人間ドックと同じように"デンタルドック"といいます。このデンタルドックを受診される方にご自分のお口の健康状態をわかりやすく知っていただくために、マルチメディアを取り入れた"マルチメディア・デンタルドック(MMDD)"プログラムをつくりました。
わかりやすい画像(ビジュアル化)を使い、口の現状や、今後の健康づくりについて、詳しく説明いたします。

contents_border_ft.png


お問い合わせ、各コース受講申し込みは、
電話・メールにてお問い合わせください。